LINK
初心者向けの外為の情報では、「損をした場合はナンピン買いでポジション全体の買い付け価格を低くする事が出来る」等とアドバイスしている事もありますが正直に言うとナンピン買いには目に見えない引っ掛けがあると考えます。ナンピン買いのロジックについて易しく説明しておこう。仮に1ドル100円でドルを買ったとする。ドル買いですので、円安になれば利益が出るわけだが、思い通りに行かず1ドルが95円まで円高ドル安が進んでしまった。この状況で持ち続けたとしたら利益がでるためには、損失分円安に進む必要があります。皆さん、損失は可能な限り早く戻したいと願います。ここではじめに買ったのと同じだけのドルを、1ドル95円で売買します。そうすると、ポジション全体の価格は1ドル=97.50円まで引き下げることができます。これで、半分の幅で円安ドル高が進行すれば、マイナスを失くせます。それが、ナンピンの方法です。こういうふうに、ナンピン買いの手法を目にすると、「その通り」と考えたりするが、相場は容易には思い通りにはいきません。もとより、1ドル=95円が底値だということなど、誰にも予想できません。もしも、外国為替市場が相当のドル安傾向だとすれば1ドル95円では下げ止まることなく、より円高ドル安にいくリスクが高いです。たとえば、97.50円でナンピンをしたとしても1ドル95円まで円高に進んだら、ナンピン買いをしたポジションも損が生じます。その状況では、最初に注文したドルとトータルで二重の損失が生じます。それゆえ、ナンピンは難しいのだ。では、マーケットが自らの脚本とは反対にすぐに進む場合、どういう対策で危険性を避ければいいのでしょうか。こういう状態で取るべき対策は多くはありません。最初のひとつはあきらめて、ポジションを諦める事です。もうひとりはその段階で、自分自身が保有している買いポジションを小さくする事によってもう一回外国為替市場がリカバリするのを何もしないで待機する事です。ずいぶん後ろ向きな対策だとおっしゃる人もいます。だけど、持っているポジションに差損が出た場合適切な手法はこれよりいいものはありえません。勿論、理屈の上では、ナンピン買いという方法もありえます。だがナンピンは、自分自身が損失を出しているのにポジションを無くすどころかそれとは反対にポジションを積んでいく方法である。この方法では、危険性をコントロールすることなどどうやっても可能ではないと考えたほうがいいです。ナンピン買いを続けられればいつの日にか損失が回復するかもしれません。だけど、その前にお金は無くなってしまいます。