LINK
コンピュータの前でいつも変動している市場を見ると、理由無くトレードをしたいという思いに影響される場合も少なくないと思います。しかし、ぼんやりした直感で取引することは、決してしてはいけません。知っての通り、市場は昼夜を問わず、いつでもどこかの国の為替市場が変化しているしレートもいつでも、変動している。しかし、何回も取引を積んでいくと、その回数分だけマイナスになる率が上がってしまいます。もちろん、注文の回数を増やすことによって、少しずつ勝ち負けの可能性が50%、50%になるのは事実です。でも「明確でない思いつきでトレード」することとは別の話です。トレード回数を積み重ねる事の意味は自分自身が「ここは!」と感じた機会を得た場面での注文回数を重ねるという意味です。ただ、のべつ幕なし売買を積むのとはかなり異なります。相場の駆け引きに負けないためには白分で考えてけじめをつけることが重要です。「ここは!」と思い至った市場の時には迷わず持っているポジションを多くして利益を求めます。「だいぶ難しい外国為替市場でどう推移するのかわからないな」と思い至った時は諦めて持っているポジションをひとつ残らず諦めて何もせず静観します。そのくらいのリズムをつけた方が、最後にはエントリーはうまくいきます。市場の名言には「休むも相場」というものがある。実に言葉どおりだと感じます。FXとはいかなる時でも売買ポジションを所持する事が大切ではなく、どのポジションも持たずにじっと待っている事も状況によっては、相場なのである。では、どの場面で休む必要があるのでしょうか。第1に考えられるのが、前述したように、現在の外国為替相場が具体的に分からない時です。今後上がるのか下がるのか見通せない時は、ヘタに動くと、あなたの思った台本とは違った方向にマーケットが推移してしまい損失を被る事になります。こんな場合はポジションを閉じそのまま何もぜずに様子をみるのが良い方法です。もうひとつの場面は、自身のコンディションがよくない時です。コンディションと市場に関係がない考える人もいると思いますが実際には意外と影響します。体の調子がすぐれなければ、相場の失敗できない局面で、冷静な決断を下すことが出来ない場合があります。興味がわかない時は、FXから離れる事も大事なことだ。