LINK

実際にノートパソコンの前で、止まることなく上下動している為替レートを眺めていると、何やらトレードをするという感情に煽られる場合も多かったりします。リゾバ 短期

だけど、漠然とした考えで売買するのは、避ける必要があります。ハピタス

分かっていると思いますが、市場は終日いずれかのマーケットは変動しているし、レートも常に、上がったり下がったりします。ライザップ 池袋

しかし、だからといって何回もトレードをすると、その回数だけ損をする確率が高くなります。viagogoチケット

当たり前ですが、トレードの回数を増やすことによって儲けられる可能性が50%、50%になっていきます。ライザップ 千葉

しかしそれは「ぼんやりとした思いつきで売買」してしまうこととは別問題です。アイハーブ

トレード回数を重ねる事の意味は自ら「ここは勝てる」と直感した感覚を得られたところでのトレード回数を積み重ねるという事です。ライザップ 那覇

何となく、ひっきりなしに売り買いを経験するのとは全く異なります。ライザップ 梅田

為替相場の戦いに臨むにはあなたが思案してメリハリをつけることが大切です。

「ここは勝てる」と思えた市場の時には、覚悟を決めて保持ポジションを買い増して、意識して利益を追い求めます。

「ちょっと難解な相場で、どう変化するのか予想できないな」と感じたならば、いっそのことポジションをすべて閉じて何もしない。

そのくらいのけじめをつけた方が最後には売り買いは儲けられます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

まったく言葉どおりだと思います。

為替取引とは、売買ポジションを持っていることが大切ではなく、ポジションを持たずに静観していることもまた必要です。

では、どういった時に、休みどきなのでしょうか。

最初に考えられるのが、先述の通り、最近の市場が今ひとつ分からない時です。

今後ドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は、考え無しで行動すると、自身で書いた物語とは反対の方向にマーケットが変動してしまい損する事になってしまいます。

こんな時はポジションを整理して、何もせずに静観しているのがいいでしょう。

次に、己の体調が思わしくない時です。

コンディションと外国為替市場に何の影響も与えないと感じる方もいると思いますが実は思ったより影響を与えます。

コンディションがあまりよくなければ外国為替相場の判断しなければいけない場面で、必要な判断が出来ない場合があります。

気分が進まない時は相場から目をそらす事も大事な事です。