LINK

第一に、個人が破産を申請するまでの時間は返済者その人に直接の電話を使用しての返済請求と、負債のある本人の住所への直接訪問によった収集は違反というわけではないということなのです。

とりわけ、破産申請の作業に入ったのち申請までに無駄な時間がかかる際には債権人は無理な返済要求を行う危険が上昇します。

債権保持人サイドにとっては債務の支払いもすることなく自己破産などの手続きもしないといった状況であると企業内での完了処理をなすことが不可能になるからです。

他にも債権保持人の中では法律家に結びついていないと知ると大変厳しい回収行為をやってくる債権者もあります。

司法書士の方および弁護士団体に助けを求めた際には、個々の債権保持者は債務者に対しての直接回収を続けることができなくなるのです。

SOSを受けた司法書士の担当者もしくは弁護士は案件を受けたという中身の書類を各権利者に送付することとなり、もらった時点から取り立て業者による乱暴な収金から解放されるわけです。

付け加えると、勤務先や親の自宅へ行っての返済要求は貸金業法規制法のガイドラインによって認められていません。

貸金業として登録されている業者ならば勤務先や親の自宅へ訪問しての集金は法に抵触しているのを知っているので違反であると伝達すればそういう類の返済要求を維持することはないでしょう。

自己破産の申し立ての後は、申請人に向けた徴集を含め、例外なしに集金行為は不許可になります。

よって取り立て業者からの取り立て行為がすっかりなしになるわけです。

けれどときどきそのことを分かっていながら電話してくる取立人もゼロであるとは言い切れません。

貸金業として登録を済ませている会社であれば自己破産の申し立ての後の返済請求が条項に反しているのを分かっているので、違反だと言ってしまえば、そのような取り立てを続行することはないでしょう。

といってもブラック金融と呼ばれる未登録の取り立て業者においては範囲外で過激な収金などによる被害事件が減少しない状況です。

取立人の中にいるときにはどんな場合であれ弁護士それか司法書士グループなどの専門家に助力を求めるようにする方がいいと思います。